さぽろぐ

  趣味・エンタメ  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


地方競馬情報サイト 南関東4競馬場 東京シティ競馬 ばんえい十勝オフィシャルサイト ホッカイドウ競馬オフィシャルウェブサイト Welcome to Horselover’s Worldへ

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2010年11月02日

第10回JBCクラシック出走予定 ボンネビルレコード

11月3日(水)

船橋10R第10回JBCクラシック(JpnI)


7枠12番ボンネビルレコード & バグパイプウインド
父:アサティス 母:タイワスワン 母父:マルゼンスキー


出走馬14頭中アドマイヤフジと並び最高齢8歳ですが、コンパクトに見える馬体のボンちゃんは若々しいface02
ナイターの時は内側の厩務員さんに文句を言っているように顔を厩務員さんに向けたままなかなか頭をあげてくれませんが、
この日は昼間だったからなのか頭をあげてうるさい仕草もあまり見せずに歩いていました。

的場文男騎手もボンちゃんに乗るときはいつもなんとなく嬉しそうに見える。
帝王賞で3着に健闘して引き揚げてきたときの笑顔はいまだに目に焼き付いていますface02

2008年はダイオライト記念2着、かしわ記念、日本テレビ盃優勝、2009年日本テレビ盃3着というコース実績から
今年の日本テレビ盃も楽しみにしていましたが5着まででした。
レース後の的場文男騎手のコメントが「今のボンネビルの力は出していると思うよ」となんとなくがっかりでしたが、
勝負事にはもつきもの。
運を味方につけて、ボンちゃん+バグちゃんの2馬力でまたアッと言わせてくれるかもしれません。
Fight, Fight(^O^)/

icon38Good Luckicon38

にほんブログ村 競馬ブログ 地方競馬・ばんえいへ 
icon45応援よろしくお願いしますicon45

  

Posted by Horselover_ss at 01:53Comments(0)船橋競馬

2010年11月02日

第10回JBCクラシック(JpnI)出走予定 アドマイヤフジ

11月3日(水)

船橋10R第10回JBCクラシック(JpnI)


8枠14番アドマイヤフジ
父:アドマイヤベガ 母:アドマイヤラピス

船橋に転入初戦は大井でオープンクラスD1700mで2着に健闘したものの、その後BGC7着、日本テレビ盃10着と期待外れの結果
ディープインパクトと同世代で、ダービー4着、菊花賞6着、有馬記念8着
2008, 2009年中山金杯(G3)芝2000mを連覇
しかし2008年JCDはカネヒキリの14着
慣れれば変わり身が見られるか?

初めて大井で見たときはばんえいでもやっていけるのではないかという印象でしたが、
この時は体重5キロしか減ってないのにしまっていて、やはりサラブレッドでした^_^;


にほんブログ村 競馬ブログ 地方競馬・ばんえいへ 
icon45応援よろしくお願いしますicon45

  

Posted by Horselover_ss at 01:10Comments(0)船橋競馬

2010年11月02日

第10回JBCクラシック出走予定 スマートファルコン

11月3日(水)

船橋10R第10回JBCクラシック(JpnI)


8枠13番スマートファルコン
私が初めて生で彼を見たのは6月30日第33回帝王賞(JpnI)のパドックでした。

2008年白山大賞典(G3)優勝からJBCスプリント2着、その後 第29回彩の国浦和記念(JpnII)から2009年5月第13回さきたま杯(JpnIII) まで
ダート重賞を6連勝していたころはとても強い印象でした。
2009年 第21回ブリーダーズゴールドカップは彼が勝ち、フリオーソは4着。
しかしこの年のフリオーソは低調でした。
昨年の浦和記念でまさかの7着に敗れて長期休養の後、今年5月にかきつばた記念、さきたま杯を勝ち、
帝王賞に挑んできたので生で見るのを楽しみにしていましたが、初めて生で見た彼は動画の通りチャカチャカしていて全く強そうに見えませんでした。
結果6着

その後9月23日 第57回日本テレビ盃(JpnII)のパドックで再会

この日の彼はちゃかちゃかはしていない^_^;
もしかしたら落ち着きがなかったのはナイターだったからでしょうか?
しかし彼の父、ゴールドアリュールのファンだった私はどうしても比べてしまう。
お父さんはもっと堂々としていて迫力があった。

ここで実に久々に武豊騎手を見た私の耳にはるか昔に聞いた歌が蘇った。
♪生きていたとはお釈迦さまでも知らぬ仏のお武さん♪
icon11icon11icon11
JBCクラッシックと同じコース、同じ距離の日本テレビ盃は勝ち馬フリオーソから2 1/2馬身差2着だったトランセンドにハナ差3着
彼の実績は地方のダート(Jpn2)以下がメイン
一方、シルクメビウスは東海S(G2)でトランセンドに先着、JCDでエスポワールシチーの2着などから上位と思えます。


にほんブログ村 競馬ブログ 地方競馬・ばんえいへ 
icon45応援よろしくお願いしますicon45
  

Posted by Horselover_ss at 00:21Comments(0)船橋競馬